傷害(ケガ)の補償

泣き寝入りしてしまう、その前に。

交通事故でケガをした場合、通常は相手方任意保険会社による補償が行われます。
しかし、状況によっては、任意保険会社が対応してくれないケースも存在します。代表的な例を2つ挙げておきます。

任意保険が対応してくれない!?主なパターン

a.そもそも加害者が任意保険未加入

加害者が任意保険に加入していなければ、当然、任意保険会社によるサービスを受けることはできません。
未加入のほか、契約更新によって保険期間に空白ができてしまっていた、などのケースも考えられます。
しかし、自賠責保険に請求することで、支払限度額の範囲内で、治療費や慰謝料の支払いを受けられる場合があります。

b.過失が高い

被害者側の過失が高いと、損害額から過失分が差し引かれる関係で、自賠責保険の枠内で収まってしまうケースも多いため、任意保険会社が対応してくれないことがあります。
自賠責保険においては、過失が7割未満であれば、支払限度額(120万円)の範囲内で、治療費などの支払を受けることができます。過失7割~9割の場合でも、程度により減額(傷害分は2割、後遺障害分は最大5割)されるものの、支払いを受けることは可能です。

諦める前に、確認すべきこと。

任意保険が対応してくれないと、被害者(過失が高くても、相手に1割でも過失があればその範囲で「被害者」です)の中には「何の保証も受けられない」と誤解してしまう方もいらっしゃいます。誤解が解けないままだと、本来受けられるはずの治療が受けられないことで、症状が慢性化してしまうという、最悪の可能性も考えられます。
しかし、強制保険があれば、一定の支払をうけることは可能です。
泣き寝入りしてしまう前に、交通事故証明書で必ず自賠責保険(強制保険)について確認するようにしましょう。

人身傷害保険について

上記のようなケースでは、強制保険への請求のほか、自分の自動車保険についている「人身傷害保険」を利用することでも解決が可能です。
自賠責保険には支払限度額があり、それを超える分の損害については補償されません。治療費が高額になった場合、自賠責保険だけではカバーしきれない可能性もあるため、人身傷害保険が利用可能な場合は、人身傷害保険の利用をお勧めしております。

どんな些細なご相談でも承ります。ご相談は0123-76-9412 担当:鶴見まで