自動車の名義変更

意外と面倒で、時間を取られる手続です。

自動車の名義が変わるケースの代表例は、

①売買
②相続

の二つかと思います。

①売買(主に個人間売買)

ディーラー経由で自動車を購入する際は、ディーラーに手続をお任せするパターンが多いかと思います。

これに対し、友人や知人から自動車を買う場合や、親族間で車を譲渡する場合は、自分で名義変更の手続きをする必要があります。

売買による車の名義変更に必要な書類には、申請書や自動車税申告書のほか、

・車検証
・譲渡証明書
・委任状(申請に行かない人の分)
・印鑑証明書
・車庫証明(車庫証明についてはこちらもご参照ください)

などがあります。

運輸支局はかなり混みあうのでただでなくとも時間がかかる上、記載内容の訂正で時間をとられたり、書類不備で出直しとなってしまうケースも。

「書類、これでいいのかな?」と思ったら、お気軽に当事務所へご相談ください。

②相続

車の所有者が亡くなった場合、当然その車は相続財産となります。相続によって車の名義変更をする場合、遺産分割協議書が必要です。

この遺産分割協議書、書式そのものは簡単そうなのに、なかなか侮れない代物。

遺産分割協議書に相続人全員の氏名が記載されていることを示すために戸籍謄本の提出も求められるのですが、この戸籍謄本が不十分で出直しとなってしまう方をよくお見かけします。

亡くなった方の出生から死亡までの全戸籍謄本が必要になるため、結婚や引っ越しなどで本籍地を移している場合、人によっては何か所もの役所から戸籍を取寄せなければならず、見落としが発生しやすいのです。

当事務所に自動車の名義変更手続をご依頼いただくことで、書類の不備などのリスクを抑えることが可能です。相続による自動車の名義変更の場合に必要な戸籍の取寄せも、すべて行政書士が代理で行うことが可能です。

「面倒くさい!」と思ったら、お気軽にご相談いただければ幸いです。