自動車の手続

帯広・幕別・音更ほか十勝19市町村での自動車関係の手続は行政書士にお任せください。

帯広市を中心とした全19市町村からなる十勝地方。広大な北海道の中でも、約10,831平方キロという最大規模の面積を誇ります。自動車無しでの生活は到底考えられません。

十勝地方で自動車の名義変更などの手続を行う際は、基本的に帯広市の帯広運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会の帯広事務所)まで出向く必要があります。
※状況により自動車手続のワンストップサービスを利用するのも選択肢の一つです。

十勝地方は広いため、移動だけでも結構な時間を取られる上、窓口は大変混雑します。

書類が足りずに市役所・町役場まで戻ることもしばしば。相続で遠方から戸籍を取り寄せる必要があったりすると、その日の間に申請を完了させるのはもう不可能です。

また、名義変更など自動車の使用の本拠に変更がある場合、多くのケースで「車庫証明」が必要となります。
※一部地域除く。軽自動車の保管場所届出は十勝では帯広市のみ必要。

車庫証明の申請は警察署で行います。申請と受取の2回、平日に窓口に行かなくてはなりません(軽自動車の場合は1回)。もっとも、さほど時間のかかる手続ではありません。しかし、だからこそ余計に「面倒くささ」を感じるかもしれません。

このように、自動車の手続は意外に面倒なものです。

お困りの際は、行政書士にお任せください。車庫証明から運輸支局での手続まで、まとめてお手伝い致します。

自動車の手続あれこれ

● 車庫証明 ●

正式には「自動車保管場所証明等手続き」といいます。自動車の保管場所が確保されていることを証明してもらうための手続です。軽自動車の場合、十勝地方では帯広市のみ保管場所の届出が必要です。

自動車の使用の本拠が変更された際に、運輸支局での申請の前準備として必要です。(一部地域を除く)

● 出張封印(丁種封印) ●

普通車の後部ナンバープレートには封印が取り付けられています。名義変更などでナンバープレートを付け替える必要がある場合、通常なら運輸支局に自動車を持ち込まなければなりません。その手間を省略できる仕組みが「出張封印」です。

● 名義変更 ●

正式には「移転登録」といいます。売買や相続などにより、登録自動車の所有者名義を他の者に変更する際の手続です。運輸支局で申請します。

なお、軽自動車の名義変更は正しくは「検査証記入申請」と呼ばれ、運輸支局ではなく、軽自動車検査協会に書類を提出します。

● 住所変更 ●

正式には「変更登録」といいます。登録自動車の所有者の住所等に変更が生じた場合、15日以内に申請します。意外と知られていませんが、罰則規定も存在します。

ついつい後回しにしてしまいがちな手続ではありますが、忘れずに申請しましょう。

● 各種再交付 ●

道路運送車両法の定めにより、自動車を運行の用に供するには、自動車検査証(車検証)を備え付け、検査証票(ステッカー)を表示しなくてはいけません。違反者は罰せられます。

しかし、車検証は紙なので、破れたり、汚れて読めなくなることもあります。ときには紛失することもあるかもしれません。

そのような場合、再発行が可能です。しかし、車検証不携帯は違法ですから、車検証を紛失したその自動車で手続に向かうことは法的に問題があります。

そんな時はお気軽に当事務所をご利用ください。再発行手続の代行を承ります。

車検証の他、車検シールも再発行が可能です。

● 仮ナンバー(自動車臨時運行許可) ●

車検が切れた自動車を運輸支局や整備工場に回送する際に必要な手続です。

● 軽自動車の手続 ●

軽自動車検査協会帯広事務所への申請代行を承ります。中古車新規・名義変更・ナンバー交換・各種再交付など、お気軽にご相談ください。