交通事故:保険会社に後遺障害の手続を任せたら非該当。納得ができない。

【概要】

●依頼者

20代男性 会社員

●ご相談内容

赤信号で停車中、後ろから来た車に追突され、そのはずみで前方の車両にも衝突した。

いわゆる「玉突き事故」の真ん中にいた状況。

そのまま救急搬送され、頸椎捻挫と診断される。

事故翌日以降は、自宅近所の外科医院に通院。

約7か月の治療を受け、症状固定。

後遺障害の手続は、任意保険会社に任せる形(事前認定)で行った。

結果は「非該当」。

しかし、未だ日常生活に支障が出るレベルで、首・腰の痛みが残っている。

非該当という結果にはとても納得できない。

異議申し立てが可能と聞いたが、また保険会社に任せるのは不安なので、専門家に相談した。

【行政書士による解説】

●後遺障害の手続

交通事故から概ね半年以上経過して「症状固定」の診断を受けると、その後、保険会社から治療費の支払いは受けられません。

後遺障害等級認定のための手続を行い、認定された等級に応じた補償を受け、事故は原則として「解決」されます。

今回はその後遺障害等級認定手続を、相手方任意保険会社にお任せする方法で行いました。

このやり方は、一般に「事前認定」と呼ばれます。

手間がかからない一方、状況によってはデメリットもあり、
本件は、そのデメリットが如実に現れてしまった事案といえます。

●事前認定のデメリット

今回行われた「事前認定」とは、任意保険会社が後遺障害の手続をいわば「代行」してくれるものです。
被害者は病院で「後遺障害診断書」を書いてもらうだけでよく、
あとの必要書類は任意保険会社が用意して、審査機関に送付してくれます。

確かに手間はかかりません。しかし、多くの案件を処理する関係からか、必要最低限の書類の提出だけで済まされる傾向があるようです。

「もう少し丁寧な書類があれば認定されたかもしれないのに…」

という事例を、行政書士として沢山目にしてきました。

後遺障害の審査は、原則として書面のみ(醜状障害を除く)。

書面に書かれていないことは「存在しないもの」として扱われます。

だから、後遺障害の手続に際しては、審査機関に正確な情報が伝わるよう、丁寧な書類作成が求められるべきです。

審査機関にあるがままの症状が伝わりづらい。

これは、「痛み」「しびれ」などの目に見えない症状で悩む被害者にとって、大きなデメリットとなります。

●結果に納得がいかない場合は?

今回のように、審査結果に納得ができない場合、再申請(異議申し立てと呼ばれます)が可能です。

なお、再申請を事前認定で行うこともできます。

ただし、その場合はやはり任意保険会社にお任せする形となり、
保険会社がどのような追加資料を提出してくれるかはわかりません。

今回は、いちど「非該当」の結果が出ている以上、ご相談者様が「また保険会社任せでもよいのか…?」とご不安になるのも無理はありません。

保険会社任せが不安な場合「被害者請求」という方法もあります。

被害者請求であれば、資料を自分側で用意することができます。
そのため、手続前に、提出書類を存分にチェックすることが可能です。

しかし後遺障害等級の認定基準は公にされておらず、被害者ひとりでは「何をチェックすればいいのか」わからない場合がほとんどかと思います。

この点、当事務所では過去の認定実績に基づいて、症状を「あるがまま」伝える資料を作成することが可能です。

異議申立を検討される際は、是非ご相談下さい。

【ご相談後の流れ】

後遺障害手続(異議申立)を受任後、主治医との面談を行い、
依頼者様の症状を審査機関に正確に伝える追加資料を作成。

自賠責保険会社に被害者請求で再申請を行いました。

結果「局部に神経症状をのこすもの」として、後遺障害第14級9号が認められました。

手続後は、弁護士の先生への引継ぎを行いました。

【終わりに】

後遺障害の手続においては、一度で適正な評価が得られない可能性も大いにあり得ます。

今回は、被害者の現状を丁寧に伝える資料作成によって、良い結果を得ることができました。

諦めてしまう前に、一度ご相談ください。

上記事例の他、取り扱い実績多数。どんな些細なご相談でも承ります。

ご相談の際は無料相談メールフォームもしくは0123-76-9412